2014年5月31日土曜日

人権フィールドワーク(現地学習)長崎を訪ねて

 
  
見る・聞く・感じる
長崎人権フイールドワーク


  久しぶりにバスに乗り,向学心旺盛な人々40名が遠足気分で一路長崎へ・・「原爆と同和とキリシタン」のテーマ学習に出かけました。  

     1.主  催 七隈校区人権尊重推進協議会
    2.実施期日 5月29日(金)
    3.参加者  40名
    4.行  程 
          8時30分   出発
          11時    原爆跡地フィールドワーク
          12時30分  昼食
          15時    帰着
 

   「平和記念像」右手は原爆の脅威,左手は平和を表現,記念像をバックに参加者グループ別に記念写真

       

    今日の案内人と事前の打ち合わせ   

 
  「長崎刑務所浦上支所跡地」被爆当時は刑務所に日本以外の外国人が,理不尽に多く収容されていました

   浦上収容所も被爆,全壊,全員死亡,公園の周囲には東西にむき出しのコンクリート塊が横たわり,悲劇と戦争の惨さが明らかになっています

  
 「フランスから寄贈の平和母子像」
   平和公園内に建立され世界の平和を祈願しています   

 
  「原爆落下中心碑」
     参加者全員で被災者に黙とう。

 この碑,上空約500メートルで原爆が炸裂,尊い人命が奪われた。これは「爆弾を落とす事を指示する人,実行する人,傍で見ている人,犠牲になった人」これらの構図は,現在の「いじめ」に繋がっている,とガイドさん
   

    「当時の爆心地で残ったコンクリート遺構」


   「浦上天主堂」キリスト教信仰の拠り所となった天主堂は,四番崩れの舞となった。しかし原爆で堂壁,鐘楼の一部が倒壊や焼失。
 天主堂前で収まる七隈校区自治協議会役員さんたち