2014年5月20日火曜日

豊かな自然「西南杜の公園」を訪ねて

「西南杜は豊かな自然の宝庫です」

公園は命の連鎖の営みで一杯、人はその恩恵に浴しています

 5月19日(月),五月晴れ,新緑香る西南杜公園で自然に触れる観察会を行いました。14名の参加がありました。
 今回で観察会は6年目を迎えます。通して講師は「小野 仁先生」ですが、観察コースの道中で,今まででは聞けなかった「目から鱗」の新鮮な観察題材を教えていただきます。
 先生は環境カウンセラーとして有名ですが,とにかく「草・木・花・鳥」等のことについて詳しい詳しい。自然を大切にしよう,と力説されました
 

  
自然観察会には自然を愛する14名が参加,自然の大切さを実感しました


   
蝶・ヤマトシジミのペアが木陰の葉の上で会話を楽しんでいます

     
桜・ソメイヨシノ」の葉の特徴は葉の下にこぶが並んでいます


   
ムクノ木」,新しい葉はザラザラしていて,昔はサンドペーパーの代わりに使われていた。

ビョウヤナギ」の花が命を輝かせて咲き誇っています
   
毎回,向学心旺盛な方が参加され,熱心にメモをとられています。

   
日本のアジサイ「ガクアジサイ」です、学名「オタクサ」語源はシーボルトの奥さん「お滝さん」から。

 
「カサスゲ草」が生えています。菅笠の材料として使われます。

「せんだんの木」樹齢150年位では,芝生公園の西側寄りに悠然とそびえ立っています