2017年11月17日金曜日

高齢者教室 第8講 人権講座

後期高齢期をどうする

~報道から見える老後の危機~


日時  平成29年11月15日(水) 10:00~11:30

場所  七隈公民館 講堂

講師  生涯学習通信 「風の便り」 編集長  三浦 清一郎 氏


    「健康寿命」の原理は,「社会から離れず」,「楽をせず」,
    「活動を続ける」です。 元気だから活動するのではなく
     活動するから元気なのです。等々先生の豊富な研究や体験
     に基づく講話は,受講生みんなの心をぐいぐいつかみ「グサ
     リ」ときたり「ドキッ」としたり波乱に満ちた90分でした。
    

 平均寿命と健康寿命その差は「寝たきり寿命!」



 定年を境目に起こる熟年の危機について


 生き残るのは「女」,夫の元気は家事の分担から!


「若者たち」の歌は私たちの歌です

「若者たち」は「未来」に挑戦し,高齢者もまた「社会貢献」と「健康寿
命」に挑戦しているのです。
      君の行く道は 果てしなく遠い
      だのになぜ 歯をくいしばり
      君は行くのか そんなにしてまで
     
      ・・・・
最終目標は「生涯現役」 社会(地域)に参画して健康寿命を伸ばそう!



0 件のコメント:

コメントを投稿