2018年6月20日水曜日

地域活動ボランティア養成講座

七隈そば道場

挽き立てのそば粉でそばを打つ

プロの指導で手打ちそばの基本が学べます。


講  師  深松幸康さん, 楠田國彦さん(「福岡そばの会」より)
参加者  9名
内    容  はじめに,二人の先生の「見本打ち」の後3班に分かれ先生と
     経験者からのアドバイスを受け挑戦して頂きました。
懇親会  お互いに意見や感想を述べながらの,「打ちたて,ゆがきた
     て」のそばは最高です。
     この日のメニューは,「そばサラダ」「もりそば」
    「けんちん汁つけそば」の三品。お飲み物

第2回目は、12月22日(土)を予定しています。「年越しそばを手打ちで!」年越しそばに挑戦です。興味がある方はぜひご予定ください。


 講師紹介と挨拶


初めての方に,深松先生が指導します。


 周りの人はみんなが先生!?


 うくまとまったかな?





 ベテラン菅さんの蕎麦包丁さばき


 ゆがく準備をします。


「そばサラダ」「盛そば」「けんちん汁つけそば」(手前)


七隈公民館では,「七隈そばの会」(公民館サークル)が昨年度から活動しています。毎月第四週の日曜日10時から12時まで練習をしていますので,興味がある方は見学できますのでお気軽に覗いてください。


地域活動ボランティア養成講座

第8回 ななくま音楽会

コーラスを楽しむ地域の皆さんと過ごすひととき

ななくま音楽会は,校区で活動しているコーラスグループと地域の皆さんが歌を通じて素敵な時間を過ごしていただくため開催しています。今年度8回目になりました。


出演団体
☆日本の歌を歌う会(公民館サークル)    21名
☆わくらぶコーラス(梅林5丁目ふれあいサロン)11名   
コーロ・リベルタ(公民館サークル)     8名
七っ子合唱団(青少年育成協議会七隈つくしんぼ)27名      
☆七隈校区合唱団                 8名

 館長挨拶


 日本の歌を歌う会(公民館サークル) 「雨」他5曲


 わくらぶコーラス(梅林5丁目ふれあいサロン)「まりと殿様」


 会場の皆さんも一緒に


 コーロ・リベルタ(公民館サークル)「待ちぼうけ」他4曲


 七っ子合唱団(青少年育成協議会七隈つくしんぼ)


七っ子さんとコーロ・リベルタのコラボ


七隈校区合唱団 「校区を愛するよろこびの歌」(ドイツ語つき)

最後は七っ子さんも加わり「校区を愛するよろこびの歌」を会場の皆さんも一緒に歌いました。歌う側には適度の緊張感が感じられ,練習の積み上げを大切にした,心が通った会場と一体となった音楽会なりました。みなさん、ありがとうございました。

初夏の園芸講座

花づくり応援事業 

第7回 初夏の園芸講座

「ゴーヤを植えよう」

七隈公民館では,夏の強い日差しを和らげようと「ゴーヤで緑のカーテン」づくりに毎年挑戦しています。一昨年の「福岡市緑のカーテン優秀賞」に続き今年は「最優秀賞」受賞を目指し,心を込めて植え付けをしました。


  日 時  6月7日(水)・8日(木)10:00~

  会 場  七隈公民館 学習室

  講 師  臼杵 利勝氏(校区自治協議会会長)


 臼杵会長より土・肥料などについて説明して頂きました。


 腐葉土・土を混ぜプランターに入れていきます。


プランター側の網固定棒を取り付けます


 苗も植えていきます



 きれいに固定できました。



 苗を植えてから数日で、早くも雌花が付きました。 



 同上



一昨年の写真

今年度も「最優秀賞」を目指し、頑張ります。


2018年6月5日火曜日

高齢者教室 健康講座

高齢者教室 健康講座


日時  平成30年5月31日(木)10:00~11:30

場所  七隈公民館 講堂

講話  「認知症予防について」

    口腔ケアの話

      ・噛む力を維持する   ・口腔機能の低下を防ぐ

      ・唾液腺マッサージ

休憩  休憩時間に血圧測定

運動  運動とレクリエーション

      ・身体ほぐし  ・コグニサイズ   ・指遊び

PR   よかドック検診 高血圧の話

スタッフ  城南区保健福祉センターの皆さま(保健師、健康運動指導士,歯科衛生士,看護師)7名の他、福岡大学医学部看護学科より3名の学生さん


校区担当保健師 秋山さん


 MCIの定義



 「脳を使う」



 歯科衛生士 山下さんのお話し



お口の体操



 身体ほぐし



コグニサイズ


少しずつ体が柔らかくなります


認知症予防については、食生活・適度な運動・人との交流・自分自身の生活を楽しむ等様々あります。生活習慣病の予防もかねて食生活・運動を見直しましょう
歯の健康については、80-20運動を目指しましょう。




























2018年5月29日火曜日

「大学生と地域の意見交換会」

七隈公民館主催 大学生の地域活動ガイダンス事業

「大学生と地域の意見交換会」

実施日  平成30年5月26日(土)

時 間  午前10時~12時まで

運 営  七隈公民館

参加者  福岡大学,中村学園大学,中村学園大学短期大学部の学生さん,地域の方々

意見交換会は、ワールドカフェ方式で始まりました。 
ラウンド1 「大学生に参加してほしいことはどんなことですか?」 
       大学生が考える「こんな地域活動ならできるかも」
ラウンド2  ホストを一人残して、グループを変わり意見交換
       残ったホストは,「こんな話題が出た」
       移動してきた人も意見を書き込む。
ラウンド3  元の席に戻り,ラウンド2での話を報告し合う。
グループ別まとめ、地域の人ができること 最終まとめ アンケート

大学生の地域活動参加状況を報告


意見交換会 ラウンド1


「大学生が地域活動に参加したいときは?」


ホストを一人残して移動、さらに意見交換


移動してきた人の意見も模造紙に書き込みます。


防犯・子ども・祭り・料理・高齢者などの分野別意見交換


まとめをそれぞれの班で発表





地域の方に感想をお願いします。


臼杵利勝 自治協議会会長のまとめ





模造紙に書き込まれた意見


さまざま意見、話題にあふれています

「大学生と地域の意見交換会」では、校区の行事を学生の皆さんに紹介して学生として「どう関われるか」「どういう活動に参加できるか」「学生が参加できる活動になっている?」,お互いに探り合います
学生の皆さんは、地域の活動に参加したいという気持ち,また自分の世界を広げたいという意欲,人の役に立ちたいという意志は少なからず持っていると思います。そのようなことが少しでも大きくなっていけばうれしいです



























2018年5月17日木曜日

主催事業 環境問題学習講座

西南杜の湖畔公園自然観察会


日時 平成30年5月14日(月) 14:00~16:00

講師 環境カウンセラー 日本野鳥の会福岡支部支部長 小野仁さん

恒例の西南杜の湖畔公園を舞台に、存分に自然観察に浸ることができました。小野さんの裏の裏の知識の量、深さに驚嘆しました。植物が自分自身で移動できない分様々な仕掛けを持って(駆使して)子孫存続のため頑張っている(?)のを目の当たりにして植物を含めた自然への畏敬の念さえ感じるような観察会でした。


 「出発です!」


タンポポの種子(残り) 


 飛んでいく寸前のたんぽぽ


カンサイタンポポ」(在来種)健在也


スイカズラ 

 草イチゴ

 トベラ(魔よけのため、扉に付けたという)


 種子の飛び方を折り紙で実感しました。


 折り紙にも苦心します。


 キレハノブドウの葉


ヤツデ(葉の枚数は9枚)

植物は地上で生活を始めてから既に4億年で,私たちの大先輩です。ぜひ,身近な場所において観察したいですね。どうして生き抜いてきたのか,その生きるための仕組みも想像しましょう。気持ちが落ち込んだ時,行き詰った時,きっと力を与えてくれると思います。人間は動けるのですから。